ライブ配信に挑戦中!

6月は、ライブ配信アプリUpliveに本気でチャレンジ
毎日23時から配信中
【りゅうぽす】配信遊びにきてね!

配信を見てみる

ADHDとは、どんな病気なの?

ストレス改善

注意欠陥・多動性障害(ADHD)という言葉を聞いたことあるでしょうか?ADHDは、発達障害の一種で、「注意力に問題が生じる・落ち着きがない」などの特徴がある発達障害になります。成人の3~4%が持っていると言われており、診断を受ける大人が増えています。今回は、このADHDについてまとめていこうと思います。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とはどんな病気?

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは発達障害の一種の病気です。

特徴的な症状として、年齢に見合わない「不注意」、好きなこと以外に対する集中力がほぼなく関心や興味を示さない「多動性」、思いついたことをよく考えず即座に行動に移してしまう「衝動性」が見られます。

ADHDの人は、場に応じてコントロールすることが苦手な状態のため、様々なミスが他の人と比べて目立ちやすくなります。そのため、職場や家庭での日常生活に支障をきたすおそれがあります。

このようにADHDというと不注意や多動・衝動が注目されますが、実は、好きな分野や得意な分野では集中力を維持できたり、ミスも少ないことがあります。さらにADHDの多くの人は、独自の視点や豊かな発想を持つこと人が多く、その才能を生かし社会で活躍している人も多くいます。

ADHDは大人になってから診断がつくことも多い疾患です。しかし、その多くは小児期から不注意や衝動、対人関係などで悩まれていた方が多いです。成長するにつれ自分なりの工夫や対策を考えることで対策することも可能ですが、社会環境が変わったりすることで、自分なりの工夫や対策がうまくいかず不注意や衝動・対人関係の悩みが目立ち、周りから指摘され受診して見た結果ADHDと診断されることもあります。また、この症状に気づかずに過ごすことで、毎日に生きづらさを感じ、うつ病や不眠などその他の症状を伴いやすくなるのも特徴です。

ADHDを公表している芸能人

ADHDを公表している芸能人は多くいます。もし自分は、ADHDかもと思ってしい落ち込んでしまいそいになった時は、思い出して見てください。ネットに掲載されている情報をまとめてみました。

  •  Fukaseさん(SEKAINO OWARI)
  •  坂本龍馬
  •  さかなクン
  •  カズレーザー
  •  堀江貴文
  • 米津玄師
  •  栗原類
  •  はじめしゃちょー
  •  イチロー
  •  黒柳徹子
  •  ミッツ・マングローブ(タレント)
  •  勝間和代
  •  真鍋かをりさん
  •  徳井義実(芸人)
  •  武田双雲(書道家)
  •  茂木健一郎(脳科学者)
  •  斉藤由貴(女優)
  •  ナダル(芸人)
  •  スティーブ・ジョブズ
  •  スーザン・ボイル
  •  エジソン
  •  アインシュタイン
  •  トム・クルーズ
  •  パリス・ヒルトン
  •  マイケル・ジョーダン

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の症状

ADHDでは、具体的にこのような症状が見られます。

1不注意

重要な用事でも期限を守れない

子どもでは日々の宿題や長期休暇の課題、大人では重要な書類などを期限内に仕上げることができず、「育ちが悪い」「仕事ができない」などのレッテルを貼られてしまうことがあります。やらなきゃいけないとわかっているのに何故か明日やろうなど先延ばしにしてしまうことが多々あります。

物事を順序立てたり、やり遂げられない

子どもでは宿題中であるのにテレビやゲームなどのほかの刺激に気を取られ、1つの物事に集中できないことがあります。大人では複数の仕事がくると上手に計画を立てることができず仕事がたまっていくことがあります。この癖が、「期限を守れない」ことにも繋がっていきます。

必要なものをなくす、忘れ物が多い

子どもでは学校に持っていくものを家に忘れたり、親に渡さなければならない書類を渡し忘れたりします。大人では財布、定期、鍵その他にも日用品などをすぐなくしたり、仕事や約束事を忘れたりします。しかし、子どもの場合は周りの環境(両親や学校の先生、友達)のサポートにより気づかず大人になってから気づくケースも見られる症状でもあります。

2多動性

そわそわと手足を動かす

子どもでは机や椅子をがたがた動かしたり、何かを常に触ったりしてしまいます。大人では体を小刻みに揺らしたり、貧乏ゆすりをしたりしてしまいます。

じっと座っていられない

子どもでは日々の宿題や長期休暇の課題、大人では重要な書類などを期限内に仕上げることができず、「育ちが悪い」「仕事ができない」などのレッテルを貼られてしまうことがあります。

3衝動性

しゃべりすぎる

思ったことをすぐに口にしてしまったり、相手が話の途中であるのに話始めたりします。

衝動買い

欲しいと思ったものは後先考えず買ってしまうなど自身の欲求をコントロールできなくなります。

すぐイライラする

自分の思い通りにならなかったり、欲求が満たされなかったりするとすぐにイライラしてしまい大声を出したり、モノにあたったりします。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の接し方

ADHDは、「不注意」「多動性」「衝動性」この3つが特徴的です。実際に、ADHDの人と接するとイライラしてストレスを抱えるかもしれません。けれど、その時に決して手をあげたり怒鳴ったりしてはいけません。ADHDの方が上記の行動をとるのは、しつけが悪いからでも努力が足りないからでもなく、脳の機能の偏りによって自身の行動を制御できないからです。つまり、自分でも意識しているのにやってしまったり、悪気がなく本人も悩んでいることが多いからです。その時に頭ごなしに怒ってしまうと、本人もストレスに感じてしまい、暴力的になったり悪口を言ったりする危険性もでます。また、大人の場合だと自己嫌悪や鬱につながることがあります。この人ADHDかな?と思う人やADHDだとカミングアウトしてくれた人がいたらミスを責めるのでなく、ともに対策を考えることやポジティブな言葉をかけることを心がけましょう。また、多動性・衝動性の子どもはエネルギーがあふれているので、スポーツなどエネルギーを発散できる場を設けてあげましょう。

ADHDの診断方法

ADHDの診断は、ネットでも簡易的に調べることもできます。まず、自分がADHDかなと思って場合は、ネットで簡易的にでも診断をしてみましょう。そしてもっと本格的に診断を希望する方は、病院などに行き性格に診断してもらいましょう。例え、ADHDだとわかっても悩むことは、ありません。もし自分がADHDだとしてもその事実を受け入れ独自の視点や豊かな発想を生かして自分だけのオリジナリティーを生み出していきましょう。

ADHDの治療の方法

ADHDの治療は、「薬物療法」と「心理社会的治療」の2種類があります。ADHDは、すぐに治る病気ではないので、治すことを目指すのではなく、普通の子供と同じように日常生活、社会生活を送ることができるようになることを目標とすることが大切です。この毎日のその積み重ねで、本人の成長とともに病気が治る可能性が増えていきます。私は、「心理社会的治癒」要は、カウンセリングからの解決サポートを行っています。

薬物治療

薬物療法でお出しする薬は、ノルアドレナリンやドーパミンといった脳内物質の不足を改善する効果があり、それによりADHD特有の症状を抑制する効果が期待されます。 また、ADHDの傾向のために、周囲の人間関係や環境ストレスにより、うつ病や不眠の症状を伴う時には、患者様とご相談の上で、適宜抗うつ薬や睡眠薬を併用することもあります。

心理士によるカウンセリング

心理社会的治療(カウンセリング)では、自己肯定感を上げることを大切にミスや衝動の起きやすい状況をカウンセラーと共に確認しながら、段階的に行動が変えられるように促していきます。

まとめ

今回は、ADHDについてまとめてみました。自分がADHDかもと思ってしまい苦しんでいる時、息子がADHDかもと悩んでしまっている時は、それを1人で抱え込まずに吐き出してみてくださいね。ちなみに私もADHDで苦しんだ1人です。今は、この特性とうまく付き合い忘れ物などもだいぶなくなりました。ADHDは、ADHDの人にしかわからない葛藤や悩みがあります。そして、自分はなんで同じミスをしてしまうのだろうと自分を責めてしまうこともあります。ただ、それは、あなたが悪いのではありません。決して自分をダメな人間だなんて蔑むことはしないでくださいね。

コメント