ライブ配信に挑戦中!

6月は、ライブ配信アプリUpliveに本気でチャレンジ
毎日23時から配信中
【りゅうぽす】配信遊びにきてね!

配信を見てみる

カウンセリングでは、「癒し効果」をうまく利用する

カウンセリング

カウンセリング来た人がよく言うのが、「癒されました」「心が楽になりました」などの言葉。では、なぜカウンセリングに来た人は、心が楽になるのか。それは、カウンセラーが「アドバイス」よりも「癒し効果」を大切にしているからです。この癒し効果を「カタルシス」と呼びます。今回は、この癒し効果カタルシスについて説明していきます。

カタルシスとは?

「カタルシス」とは「精神の浄化作用」のことで、簡単に言うと心の中にあるわだかまりを解放してスッキリすると言うことです。カウンセリングでは、クライアントの気持ちに寄り添い安心して自分の悩みを話せる場所を提供していきます。その時カウンセラーは、クライアントの心や感情の鏡になるように対応していきます。

カウンセラーが自分の心を無の状態にして、クライアントの心や感情をそのまま映し出すことによってクライアントは自分の問題や悪循環に陥った状況を客観的に見ることができるようになります。自分自身を客観的に見ることによって、これまで気づかなかったことに気づくことができ、心のモヤモヤが浄化されていきます。

日常でもカタルシス効果は得られる!?

カタルシスは、カウンセリングの場だけでなく日常生活の中でも感じることができます。生活の中で音楽や絵画、自然と触れ合うことでカタルシス効果が得られることもあります。強いストレスを感じているストレスフルな生活を送っているクライアントは、ストレスを溜め込み過ぎて心が疲弊してしまいがちです。カウンセリングでクライアントがカタルシスを感じられるように対応するのは当然ですが、毎日の日常の中にカタルシス効果を得れる環境を増やすことを意識して取り入れてもらうことも大切です。

自分の居心地の良いと感じる瞬間を思い出す

毎日にカタルシスを増やす場合どうしたらいいのかと思いますが、単純に毎日に自分の居心地良いと感じる時間を増やしてみてください。

この居心地の良いと感じる時間は、人それぞれです。映画を見ることが自分にとってのリラックスに感じる人もいれば音楽を聴くことでリラックスできる人もいれば自然を感じることでリラックスを感じる人もいます。自分の今までを振り返りあの時は、心地よかったなという瞬間を思い出して毎日の日常生活に取り入れてみてください。

そうすることで、日常にカタルシスを増やすことができ精神が安定しやすくなります。

私の場合は、「温泉」に行くことでカタルシスを感じていました。家の近くにあるスーパー銭湯などに週一などは、行くようにして心身共々リフレッシュすることを心がけていました。その結果、自分の精神状態が常に安定し様々なことに対して多角的に物事を見る心の余裕も生まれました。心の余裕が生まれることで、人に対してイライラすることや愚痴を言う機会も減り、私としては、カウンセリングの依頼者の数も増えました。何も常に頑張れば結果でるわけではありません。

頑張る時と力を抜く時をバランスよく人生に取り入れることで、自分の毎日を楽しくしていくことができます。貴方の居心地の良い瞬間はどんな時ですか?

今ストレスフルに感じてしまっている場合などは、尚更居心地の良い時間を増やすことを大切にしてみてください。

コメント