ライブ配信に挑戦中!

6月は、ライブ配信アプリUpliveに本気でチャレンジ
毎日23時から配信中
【りゅうぽす】配信遊びにきてね!

配信を見てみる

コロナで仕事が無くなり無職に。その時にやった3つのステップ

ビジネス

新型コロナウィルスの影響によりお仕事が無くなってしまい露頭に迷ってしまった。その時に、「もう自分は、生きていけない。終わりだ」と考えるのでなく、今できることをやっていきましょう。今回は、無職になってしまった時の選択肢についてまとめていきます。そして、このようなコロナ禍であることを理解した上で、自分でビジネスの構築などもして、また同じような状況に陥らないよう対策を講じていきましょう。

ピンチをピンチのままにしておくのもピンチをチャンスに変えていけるのも自分次第です。

国の制度に申請する

失業した場合や生活が困難になってしまった人に対して国では、様々な対策を現在行っています。私も実際に、コロナによって生活が苦しくなって利用したものもいくつかあります。まずは、様々な制度があることを知り、今の状況がもし条件に合っていたら申請を行いましょう。

住居確保給付金

休業等に伴う収入の減少により、住居を失うおそれが 生じている方々について、原則3か月、最大9か月、 家賃相当額を自治体から家主さんに支給する制度です。

対象となる方

○離職・廃業から2年以内の方

○休業等により収入が減少し、住居を失う おそれがある方

受給中の方

支給期間(最大9か月間)を延長し、

最大12か月間まで延長することができます。 ※ 令和2年度中の新規申請者が対象です。

また、この制度は、フリーランスで暮らしており、仕事が激減しましたという方も申請することができます。本人の意向や状況に応じ、現在の就業形態を維持しつつ、それに加えて、アルバイトなどの短期的な雇用で当面の生活費をまかなうといった対応もできます。今回のコロナによって多くのフリーランスの方もダメージ受けていると思います。立て直しに時間がかかりそうで、生活費がヤバくなりそうという場合は、申請をしてみることをオススメします。支給額はお住まいの市区町村や世帯の人数によって異なります。より詳しくは、厚生労働省のこちらのページをご覧ください。

生活福祉資金の特例貸付・住居確保給付金特設ホームページ
新型コロナウイルス感染の影響により収入が減少し生活に困窮する方に必要な生活費用等の貸付や、住居を失うおそれが生じている方々に一定期間家賃相当額を支給します。

緊急小口資金

主に休業された方向けに緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用を貸してくれる制度です。対象者は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、休業等による収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯となっています。※新型コロナウイルス感染症の影響で収入の減少があれば、休業状態になくても、対象となります。貸付上限額20万円以内となっております。

対象となる方

・世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者等がいるとき。

・世帯員に要介護者がいるとき。

・世帯員が4人以上いるとき。

・世帯員に新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、
・臨時休業した学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき。

・世帯員に風邪症状など新型コロナウイルスに感染した恐れのある、
・小学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき。

・上記以外で休業等による収入の減少等で生活費用の貸付が必要なとき。

据置期間は、1年以内で、令和4年3月末日以前に償還が開始となる貸付については、令和4年3月末日まで据置期間を延長となっています。償還期限2年以内となっており、今回の特例措置では、償還時において、なお所得の減少が続く住民税非課税世帯の償還を免除することができる取扱いとし、生活に困窮された方にきめ細かく配慮されています。貸付利子・保証人は、無利子・不要となっているので、もし今すぐお金が必要である場合は、利用してみてください。お申込み先は、市区町村 社会福祉協議会となっております。より詳しく緊急小口資金について知りたい方は、厚生労働省のこちらのページをご覧ください。

生活福祉資金の特例貸付・住居確保給付金特設ホームページ
新型コロナウイルス感染の影響により収入が減少し生活に困窮する方に必要な生活費用等の貸付や、住居を失うおそれが生じている方々に一定期間家賃相当額を支給します。

失業手当を受給する

会社を辞めると失業手当を受け取ることができます。辞める理由には、自己都合や契約満了、会社都合などがありますが、受け取れる失業手当は、離職理由や雇用保険(失業保険)の加入期間、年齢、給料などの条件により、一人ひとり違います。失業手当の受給開始日も会社都合や自己都合など退職理由によって変わります。倒産や解雇などの会社都合で離職した場合は、失業手当の申請手続きから1週間の待機期間後に失業状態と認定され、雇用保険に加入していた期間に応じて失業手当を受給できます。一方、自己都合の場合には、1週間の待機期間後に3か月の給付制限期間があり、その分の失業手当は給付されません。また、離職理由は失業手当を受給できる日数にも影響するため、重要となってきます。

失業手当がいくらもらえるかは、雇用保険の支払い期間(被保険者であった期間)と年齢、過去半年間にもらった給料によって決まります。過去半年間の給料(賃金)から賃金日額を計算し、その賃金日額に給付率を掛けた金額が基本手当日額です。基本手当日額に給付日数を掛けた金額が、受給する失業手当の総額となります。失業手当を受給できる期間は、雇用保険に加入していた期間や離職理由によって変わりますので、まずは、ハローワークインターネットサービスで詳しく見てみるのがいいでしょう。

ハローワークインターネットサービス - 雇用保険手続きのご案内

今後の働き方を決定する為に今後のライフスタイルをまずは見つめ直す

失業してしまった場合は、まずは、生活の維持をすることを一番に考えましょう。そして、生活はなんとか維持できる状況になったら今後の仕事について考えましょう。この時に大事にするべきことは、「今後どのような人生を過ごしたいか」です。何も考えずにとりあえずバイトでいいやで毎日なんとなく生きていたらまた同じ災難に遭うかもしれません。今回のことがあったからこそ今もう一度どのような人生を自分は、過ごしたいのかを改めて考え行動に移していきましょう。

「人は、変わろうと自分が思えばいくらでも変わる」ことができます。私も今回のコロナの影響を受けて改めて自分のキャリアを見つめ直した結果「何にも縛られずに自由に自分らしく豊かに過ごしたい」という結論に至りました。

このビジョンを実現するためにも当ブログも立ち上げ、zoomでのカウンセリングを受け付けるようにもしました。もちろん、最初はそれだけでは、生活できないので、他にも仕事をしてお金の余裕も構築しています。このキャリアを見つめ直す際に役立ったのが、カウンセリングの技法です。なかなか現実に考えることが多いと自分の本音に気付きづらくなり本当に自分は、何をやりたいのかわからなくなる時があります。その時は、紙とペンを用意して「どんなライフスタイルを過ごしたいか」を書き出してみてください。何でもいいです。海が見える別荘で過ごしたい、満員電車には乗らない生活をしたい、在宅で仕事をしたいなど。自由に自分の未来をデザインしてみてください。そして、その紙に書き出した自分の本音を見て、「本当の自分の声に気づいてみてください。」イメージできたことは、実現できます。次は、実現するための手段を考えていくことが重要になります。将来の自分について何もやりたいことが出ない場合やイメージが浮かばない場合などは、やりたくないことで日常が埋め尽くされてしまい、考えが凝り固まって今っている可能性があります。その場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。

1人で考えを整理するのが苦手な場合は、カウンセリングもうまくご活用ください。

理想の働き方を実現していく

自分の理想のライフスタイルを見つけ直すことができたら次は、そのライフスタイルの実現を目指して仕事の選択をしていきます。昨今は、ネットの普及に伴い、働き方も多様化しており選択肢も無数にあります。ここで大切なのが、「今の自分のできるできないだけで判断しないこと」大事なのは、「自分が決めたライフスタイル実現」の為に「今何をやるか」です。できるできないで判断するのでなくできなくても理想のライフスタイルに近づく為にできることをできるようになっていく期間です。正直できないことも1ヶ月本気でやればある程度できるようになります。ここは、自分が決めた理想を本気で叶える覚悟が問われます。私は、当ブログも初の挑戦でしたが、自分の理想に近づく為にもブログの作り方も勉強して開始しました。やってみたら意外と簡単でした。やり方も記事にまとめたので、ブログ初めてみたいなと思う方は、参考にしてみてください。

また、最初は、カウンセリング依頼もすぐには、殺到しないだろうということも見越し、ブログにアフィリエイトも導入して広告収入も入るようにしようなど試行錯誤して当ブログを作っています。このアフィリエイトに関しても初めての挑戦になります。

必ず一日2時間は、ブログと向き合う時間を作り、それ以外の時間で、ライティングの勉強、アフィリエイトの勉強、SNSでのブランディングの仕方の勉強、悩みに対する知識の収集などに時間を費やしています。私は、自分の理想のライフスタイル実現の為にブログという手段を選びました。

私の真似をする必要は、ありません。何よりも大切なのは、自分の理想のライフスタイルを実現するのに、どのような手段を自分で選ぶかです。稼ぐ方法は、色々あります。選択肢は、たくさんあります。その中でどの選択肢を選ぶかは、あなたが決めていけばいいのです。

私は、【自営業】という選択肢を選びました。あなたは、理想のライフスタイルを実現するために今何をしますか?今の積み重ねが、未来を創っていきます。自分でビジネスを構築してみたいなと思うけど、何からしたらわからないという方は、こちらの記事を参考にしてビジネスを構築してみてください。

まとめ

コロナ禍で今までの普通が崩壊しつつあり、仕事の在り方もどんどん変わっている今、例え失業してしまったとしてもそれは、自分のせいではありません。ただ、失業してしまったからといって人生を諦めることは、ありません。調べればさまざまな政策があります。まずは、生活していくにあたっての不安の解決を最優先に行動しましょう。そして、生活していくにあたっての不安の解消ができ、今後どうしようと考え始めることができるようになったら自分の理想のライフスタイルを考え、その理想を叶えるために「今何をやるか」を決め挑戦していきましょう。人生は、何度でもやり直すと決めた時からやり直すことができます。無職であるなら、それは、逆に今何にも縛られていない自由な状態です。焦ることはありません。理想のライフスタイル実現の為にたっぷりある時間を使っていきましょう。

コメント