ライブ配信に挑戦中!

6月は、ライブ配信アプリUpliveに本気でチャレンジ
毎日23時から配信中
【りゅうぽす】配信遊びにきてね!

配信を見てみる

【実録】人生初就職!就職先は、まさかの悪徳不動産会社だった!

体験談

どうも、りゅうぽすです。

ずっと自営業で生きていましたが、実は、今年30歳にして初の就職を経験しました。

就職をしようと思った理由は、自分の運営していた事業を回復させる見込みを立てることがきなかったこと、子供・家族の人生を第一に考え安定を求めようと思ったこと、日に日になくなる貯金に焦りを感じてしまったことが原因です。

このような理由が重なって、ある程度落ち着いてからまた自営業は、復活させよう。それまでは、正社員をやろうと思い転職サイトを使って、30歳にして人生初の就職活動を行いました。業界的には、広告系などを主に応募していましたが、書類審査で落ちてしまうことの方が多く、結局営業に絞って応募をするようになりました。

そして、受かったところが、不動産会社でした。今考えると、面接から入社までのスピード感とかおかしいなとわかるんですが、当時は、まず受かることが一番だったので、喜んでいました。不動産業界頑張れば年収1000万もいけるぞ。家族の為にも頑張るぞ。

しかし、そこで待っていたのは、不動産業界の闇でした。

今回伝えたいことは、「不動産の知識を知る大切さ」です。就職を経験して一番に感じたのが、まさに無知ほど怖いものはないということ。もし、無知だとしたら後々痛い目に遭うということです。

みなさんは、不動産について勉強したことは、ありますか?持ち家と賃貸に住むことの違いって知っていたりしますか?持家を買える人の条件って知っていますか?もし「はい」とすぐに自信を持って言えない場合は、最後まで読んでみてください。

私は、今回就職した会社がまさかの悪徳な手法で営業をしている実態を目の当たりにして、一人でも多くの人が、悪徳営業マンに騙されないようにして欲しいと思い今ブログを書いています。

知識は、最大の武器なり

冒頭でも書きましたが、マジでマジで知識は、武器です。どんな業界でもそうだと思いますが、知識を持つことで、自分の判断する時の選択肢を増やすことができます。ひとつの物事に対して、ひとつの情報だけで全てを判断するのでなく多面的に情報を得て、物事を判断することは、とても大切であると思っています。

まさに私が就職をしてブラック企業に入社してしまったのと一緒で、目の前の安心を手に入れたくて焦った結果情報をしっかり得ず悪徳不動産会社に入社してしまったのと一緒です。

何が正しいのか本当なのかは、人の数だけ答えは変わってくると思いますが、それでも物事を決めるときは、様々な情報を知ってから判断していくのが大切だと私は思っています。

だからこそ、まず最初に言っときます。

不動産は、生きていれば、住む場所が必要になるので、必ず直面する物事のひとつです。不動産の購入などを考える場合は、人生で一番高い買い物になる可能性もあります。その不動産についての情報や知識を知っておくことは、必須です。もし、知っていなかったら人生で一番の損をすることにもなりかねません。そして、人生一番の後悔にもなるかもしれません。そうならない為にも今のうちから不動産の知識をつけて置きましょう。

もはやヤクザ!悪徳不動産の悪徳な営業手法!

一番最初にも書きましたが、私は、自分の自営業がうまくいかなくなり収入が落ちしてまい安心を手に入れたいがため「給料をアップさせたい」そんな気持ちから転職活動を始めました。そこで、目についたのが不動産会社でした。

求人に書いてある内容は、魅力すら感じる内容でした。それに不動産会社の給料は、成果報酬もあるので、他業種に比べて高いです。そこで、不動産会社に転職しようと決めたのですが、入社してみて営業の仕方は、訪問販売であることを知ります。営業で訪問販売はよくある話なので、覚悟をしていたのですが、実際に営業に出ると、これは、ヤバいと思うような営業をしていて、目を疑いました。

一言で言うと、よく映画やドラマで見るヤクザの取り立てのように玄関前で立ち尽くし、「YES」というまで帰らない。ドアを閉めようとすると「話の途中で閉めようとするなんて失礼じゃないですか」と言いドアを閉めさせない。挙句の果てには、「あなたの人生の為を思って言っているんですよ」と怒鳴る。そんな大きな声を出されたら、住んでいる人も周りの住人に迷惑をかけたくないと思い話だけ聞きますとなっていみますよね。そんな感じで、買いたくない人を無理やり契約にまで持っていくやり方を当たり前にやっていました。

私は、このやり方を見て、さすがに真似することできないし、子供に胸を張ってパパこんな仕事をしているよと言えないなと思い就職して1ヶ月もしない内に退職をさせていただきました。しかし、実際にこのような状況を見たからこそ不動産の営業マンが来た時の対処法を知りました。

上記のような取り立てのような営業をする営業マンもしつこく営業するのには、理由があります。つまり、営業しても意味がないと思わせることができてしまえば営業する理由がなくなるわけなので、営業して来なくなります。

その理由とは、何なのか。その理由について書いていきます。

悪徳不動産撃退マニュアルを書きました

悪徳な不動産を撃退するには、不動産営業マンのターゲットでないことがわかればいいのと不動産の知識について知って対等に話すことができることで騙されることは、減ります。

無知だから話を大袈裟にしたり一面的なメリットしか伝えなかったりして後々言っていたことと違うという問題になってしまいます。しかし契約してしまったらもう遅いです。だからこそ自分で知識をつけておくことで自分のことを自分で守るしか方法はありません。今の自分には、不動産は関係ないと思ってたしても必ず不動産は、生きていれば考えることが必要になることです。必要と思った時に考えればいいやでなく不動産の知識を最低限の基本だけでも知っているとだいぶ変わります。

私も今回就職して、不動産について考えるキッカケになりました。そして、改めて不動産を持つことのメリットやデメリットなどについても調べてまとめてみました。そのまとめた内容を「悪徳不動産撃退マニュアル」という形でサイトにまとめたので、是非この際に不動産について勉強してみたいと思った方は、参考にしてみてください。

<掲載している知識>

悪徳不動産撃退マニュアル
しつこい不動産営業にうんざりしている人必見!あなたが不動産営業に狙われてしまった原因は、「不動産の知識」が営業マンより劣っているからです。あなたが、不動産の知識を付ければ、しつこい営業マンも撃退できます。当サイトでは、不動産の基礎知識から悪徳不動産撃退マニュアルなどを徹底的に学ことができます。自分のことを守れるのは、自...

なぜしつこい営業マンが増えてしまうのか考察してみた

最後に今回私が働いていた不動産会社を振り返って分かったことがあります。

それは、不動産会社に蔓延る「悪循環」です。

会社の売り上げは、営業が作るもの→ただコロナの影響もあり売り上げの低下→このままでは会社の業績低迷→営業マンにノルマの設定や契約が取れないと圧迫→営業マンは、訪問先のターゲットに対して契約を取らなきゃいけないという使命感からしつこい営業→営業マンは、契約が取れないと給料が安い

この悪循環が不動産業界にあることを私は知りました。

おそらく今営業会社の多くは、このような状況に置かれているのではないでしょうか。なので、一概に会社の否定はしません。私は、単純にその会社のやり方に合わなかっただけです。もし、自分がこの会社の社長とかだったら死ぬ気で営業とってこい!と言ってる側かもしれません。

ネットなどが普及してきた現代でうまくネットを活用できず乗り遅れた会社は、これからも生き残る為に訪問でしつこく営業をしてくるでしょう。ただ、自分のところにも営業が来た際は、撃退してやりましょう。

一人一人が不動産の知識を付け、不動産営業が訪問で来ても全く売れない状況を作り、悪徳の元凶を作っている会社を倒産させるまたは、訪問販売をやめさせることができれば、悪徳な営業に夜被害を減らすこともできます。

この考察が合っているかわかりませんが、このような事実は、間違いなくあると思っています。

まとめ

今回正社員になろうと思って入社した会社がたまたま自分に合わなかっただけかもしれません。ただ、周りにも相談してみたところ「それは、やばい」という声が多かったので、もしかしたら自分みたいに就職してみたら理想と現実で苦しんでいる人もいるのではないかと思い今回記事にさせてもらいました。

入社するとその場の空気に流され自分の意見を言うのも怖くなることも多くあると思います。ただ、自分の意見を言わないと自分の心が悲しんでいると感じたらやはり言うべきです。

初めての就職活動をしてみて、今の自分のキャリアでは、社会では認められないことも分かりました。そして、やはり自営業で結果を出したいとも改めて再確認することができました。目先の安定でなく、一生の安定を築く為にも今からできることをコツコツと積み上げ毎月結果を出していこうと思います。どんな出来事も自分の人生のネタに変えてこれからも挑戦し続けます。

不動産の知識を学ぶチャレンジ

今回の経験を踏まえて私自身ももっと知識をつけようと思い2020年宅建を受けようと思います。

1人でも多くの人が自分に不動産の相談をしてきた時に答えられるように自分自身もより知識をつけておきます。

コメント